ジェノワーズスペシャリスト ジェノワーズ合格までの記録を公開!

ジェノワーズスペシャリスト ジェノワーズ合格までの記録を公開!

先日、ジェノワーズスペシャリストの1つ目の課題、「ジェノワーズ」にやっと合格しました!

まだ、細かいポイントは練習が必要、という条件付きの合格でしたが…
とりあえず、次の課題「ロールケーキ」に進めることになりました。

ここで、ジェノワーズ合格までの記録を振り返ってみたいと思います。

これから、受講される方、1つ目の課題にチャレンジ中の方、よろしければ参考にしてみてくださいね。

ジェノワーズ、合格までにかかった期間は?

2020年4月20日に初回の提出をし、合格したのが、2020年6月19日です

ちょうど2ヶ月間、かかったことになります。

ジェノワーズスペシャリストの標準受講期間が3か月~9か月でしたが、私は3か月での合格は無理そうです…

ちなみに、初回の課題を提出すると、受講期限の1年後(365日後)が決まります。

何回、課題を提出したの?

合計で8回、課題を提出しました。

ジェノワーズは写真課題が9個、動画課題が1つあります。

添削してもらい、合格した課題は次回から提出せず、不合格だったものだけ再提出となります。

合格までの過程は以下のようでした。

提出回数写真1写真2写真3写真4写真5写真6写真7写真8写真9動画
1回目×××××××××
2回目×× ×××××
3回目   ×××
4回目       ×××
5回目       ×
6回目         ×
7回目         ×
8回目         
合格までの提出回数と内容

写真課題は、合格になる「既定の範囲」が決まっているようです。

例えば、生地の比重、焼く前と焼いた後生地の高さ、スライス面の気泡の多さなどです。

数字で決まっているものは、受講すると閲覧できる「チェックリスト」に合格基準が書いてあるので、参考になります。

何回練習したの?

合格まで「32回」ジェノワーズを作りました。

初回は、練習せずに提出してしまったので残りの31回を7回の提出回数で割ると、平均して1回の提出の為に約4~5回は練習していたことになります。

1つ6cmのジェノワーズを32個縦に並べると、192cm。

大相撲の横綱、白鵬と一緒の身長でした…!でかっ!

よく作りましたね。。でも、きっとプロの方にとってはまだまだ少ないのでしょう。日々、観察と研究です!

何が一番難しかったか?

一番難しかったのは、動画課題「ジェノワーズ混ぜ」でした。

やはり、これに一番時間がかかりました。

なぜなら、動画での先生の混ぜ方を
「完全にコピーする」くらいの精度でないと合格にならないからです。

ゴムベラの持つ位置、動かす場所、ゴムベラで生地を返す角度、左手でボウルを動かすスピード、速さ…などなど先生の混ぜ方を徹底的に研究します。

そして、自分でもできるよう体に覚えこませる、これが難しく時間がかかります。

どうすれば早く合格できる?

こればっかりは、裏技はないと思います。

ですが、私が実際にもっと早くやればよかった、と思ったのは以下の4つです。

①同じ道具をそろえる

なぜ、同じ道具をそろえることが必要かというと、

・同じ道具を使った場合のレシピになっている

からです。

例えば、私ははじめ、パナソニックのハンドミキサーをもっていませんでした。

ですが、「高速で4分泡立てる」という工程は、
パナソニックのハンドミキサーを使っての速度と時間で表記してあります。

これが、別のミキサーだと「中速で4分」かもしれないし、
「高速で5分」かもしれないのです。

同じ道具を使った場合のレシピなのでこれ以外だと、
自分で時間と速度を調整する必要が出てきます。

これには、かなりの時間を取られます…

小嶋流を身に付けるには、まず同じ道具をそろえ、同じレシピで練習するのが一番早そうです。

②レシピを細部まで読み込む

レシピやチェックリストにはすべての答えが書いてあります!

細部まで読み込む理由は2つです。

・分量、手順を覚えて手際よくできるようにする
・立ち位置、混ぜる回数などの数値の指定を覚える

分量、手順を覚えて手際よくできるようにする

作業をスムーズに進めるため、分量、必要になる道具、手順は覚えてしまいましょう!

生地の温度を測るから、温度計を横に置いておく、比重を計るからスケールを出しておく、など手順を覚えると段取りよく作業できます。

…といっても、何度も作っていると自然に覚えてしまいますが。

立ち位置、混ぜる回数などの数値の指定を覚える

小嶋ルミ先生の作り方は、作業台の高さ、立つ場所、混ぜる回数など数値での細かい指定が多いです。

この、数で指定してあるものは、忠実に守った方が早く合格できます。

まずは、同じ高さの作業台で、同じ立ち位置で、同じように作業して、技を身に付けましょう。

③動画を目を皿にしてみる

動画を見るときは、以下の2つのことに気を付けるとよいと思います。

・自分の動画と見比べてみる
・複数の動画を見る

自分の動画と見比べてみる

自分の動画を撮ったら、それを横に並べて先生の動画と見比べます。

・混ぜるときのスピードはどうか?
・右手を返す時の位置は?
・ボウルを動かすタイミングは?
・左手でボウルを持つ指の形は?

見本の動画とほとんど同じようにできるまで、画像を撮っては見比べて、を繰り返して自分の動きを練習します。

先生の添削もとても細かいです!
「コピーする」レベルを目指して違いを観察してください。

複数の動画を見る

「ジェノワーズ混ぜ」が見られる動画は、
「ジェノワーズ(本編)」の動画と「提出課題の動画見本」の2つです。

「ジェノワーズ(本編)」では解説用に混ぜる速度がかなりゆっくりですが、
「提出課題の動画見本」では混ぜる速度が速めです。

おそらく、後者の方が先生の普段混ぜるスピードに近いのではと思います。

混ぜ方を理解したら、次は「提出課題の動画見本」のスピードに近づけて、
時間を意識して練習するといいと思います。

④体で覚える

最後は、これです。

覚えたことを自然にできるように、体を動かして身に付けます。

毎回、先生から添削されたポイントを思い出し、
それを反映させるつもりで練習します。

数を繰り返していくと、私は体の余計な力が抜けて、
生地に優しい?混ぜ方になってきたような気がしました!

繰り返し練習して、最高の生地を目指しましょう!

まとめ

道具をそろえた後は、地道ですがやはり繰り返しの練習が必要ですね。

本当に合格できるのだろうか…と心配しているあなた、

安心してください。

私が、32回のレジェンドを作っておきました!

これより、練習回数が少なければ少なくとも私よりは上手ということです。
頑張ってください!

練習は裏切らない
生地が悦ぶ声が聞こえてきましたね!
練習するか 超練習するかの 2択で考えてください!(筋肉体操か)

合格できるよう、頑張りましょう!

お菓子作りカテゴリの最新記事