【秩父】グルテンフリー米粉パンのお店にこるとをご紹介

【秩父】グルテンフリー米粉パンのお店にこるとをご紹介

小麦アレルギーに配慮したグルテンフリーの米粉パンも最近では一般的になってきましたね。

今回は、埼玉県秩父市にある米粉パンのお店、「にこると」さんをご紹介します。

グルテンフリー米粉パンのお店「にこると」とは?

埼玉県秩父市の街中にあるグルテンフリーのパンと焼菓子のお店です。

お店は、秩父市の街中から少し離れたところにあるちいさな店舗です。
橋の近くにあるので、お店の裏には荒川が流れていて景色がいいですね!

店名の「にこると」の由来

フランス語で「収穫」を意味する「récolte(レコルト)」と笑顔の「にこにこ」を掛け合わせた造語です。

パンを食べて周りの人が笑顔になりますようにという意味からつけられているそうです。

店主の米粉パンへの想い

店主の方は実は以前、小麦粉でパンを作られていました。

私も頂いたことがありますが、ベーグルをメインとしてぎっしりフルーツやナッツが詰まっていて、とてもおいしいパンでしたよ。

そんな、ある時にグルテンフリーという考え方に出会います。

グルテンフリーの食生活を実践したら、様々な悩みが解消されていったという話を聞き、自分も実践してみたそうです。

その結果、以前からあった体調不良や蕁麻疹がなくなっていったということでした

そこから、小麦を使ったパンを作るのをやめグルテンフリーのパンと焼菓子のお店として再出発することを考えたそうです。

パン屋さんが小麦アレルギーのため、パン作りをやめなくてはならないなんて…つらい決断のように思えますが、そこであきらめず新たなパン作りの研究をするなんて、とても前向きですよね!

米粉パンへのこだわりは?

グルテンフリー生活を実践してから、ご自身の体調不良が解消されたことをきっかけに、体に良い素材を使うことに決めたそうです。

小麦粉は全てあきたこまちの米粉に変更。

さらに、天然酵母を使い、卵や乳製品、白砂糖、増粘剤も不使用、そのほかの素材もできるだけオーガニックのものを使うようにしているそうです。

グルテンフリーだけではなく、卵や乳製品も不使用なので、ヴィーガンの方向けのパンでもありますね!

ちなみにヴィーガン(ビーガン)とは以下のような方です。

ベジタリアンとは様々なタイプの菜食主義者の総称ですが、ビーガンは卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のことです。

Vegewelより引用

牛乳の代わりに豆乳と水、バターの代わりに菜種油、白砂糖の代わりにきび砂糖と材料へのこだわりが感じられますね。

安全な素材で作られているパンなら、大人はもちろん、子供にも安心してあげられますよね。

店内の様子

12:00前頃に訪れたときには、既にかなり売れていて残り少なくなっていました。

商品は180円~1000円程の値段。甘いパンや総菜パン、米粉100%食パンなどが並んでいました。

チョコチップフランス、チーズマフィン、マヨコーン、ベーコンチーズのパンを購入!

実際に米粉パンを食べた感想

私が実際に米粉パンを食べて思ったことは、アレルギーの有無にかかわらず、新しい米粉の食べ方としてとてもおいしい!ということ。

アレルギー対応食というと、どこか従来の素材で作ったものの美味しさを我慢しなくてはいけない、というイメージがありませんか?

米粉パンは小麦粉と違った味や食感の美味しさがあります。

小麦パンの代用として仕方なく食べるというものではなく
米粉パンがおいしいから選んで食べたい、と思えるものでしたよ!

チョコチップフランス

オーガニックチョコがぎっしり入っているパンです。冷たいとパンはみっしりして固いのですが温めると全く変わります!

外はしっかりしたクラストで生地はもっちもち。

チョコはビターでこれでもか!というくらい詰まっています。

生地の甘みもほんのりしているので、食べた後もしつこさがありません。

小さいけれど、食べ応えがあって満足!でした。

チーズマフィン

中にビーガンチーズが2種類入っているというもの。これも温めると全く美味しさが違います!

2種類のチェダーチーズとゴーダチーズはどちらも塩味がきいていておいしい!温めると伸びもいいし、普通の牛乳からできるチーズと何が違うのか正直わかりません。

マフィンだからか、生地は少し甘め。チーズのしょっぱさと生地の甘さがちょうどよく、どんどん食べられてしまいます!

ベーコンチーズ

ビーガンチーズとベーコンのったパン。温めて食べるとチーズが伸びーる。

乳製品不使用なのに圧倒的なチーズ感!ベーコンは塩味がやや強めでした。

これはお肉を使っているのでヴィーガン対応ではないですが、ベーコンの脂のうまみ!パンにしみ込んで、とても良いです!

マヨコーンパン

北海道産コーンとブロッコリー、卵不使用のマヨネーズがのっています。

菜種油がじんわりと野菜にしみ込んで、食べるたびにうまみが出てきます。

もちもちした生地と合い、ちょっとご飯とおかずのような感じです。

米粉パンのおすすめの食べ方

おすすめの食べ方は以下の通りです。

・電子レンジで少し温める(600Wで10秒~20秒程)と美味しさ倍増
・冷蔵庫で保存するときはラップに包んで
・和の食材と一緒に食べる(磯辺焼き風に海苔を巻いてお醤油、岩のりをつけるなど)

保存はご飯と同じ扱いになるそうです。食べきれない場合は冷凍保存し、食べるときに電子レンジで解凍してもおいしく食べられます。

パンにのりとお醤油!?と聞くと意外ですが、もとはお米なのでお餅みたいな感覚ですね。あんこなんかもおはぎみたいでおいしそうです!

実際に食べて思いましたが、必ず温めたほうがいいです!おいしさがぜんっぜん変わりますよ!

まとめ

今回ご紹介したにこるとさんの詳細は以下の通りです。

店舗名天然酵母パン にこると
住所埼玉県秩父市近戸町17−70 
電話番号0494-25-3703
(電話受付時間:9:00〜17:00(木・金・土)
営業時間毎週金曜日 11:00~17:00
定休日月~木、土、日
Facebookhttps://www.facebook.com/Nicolterika
公式HP(通販)http://nicolte.com/

公式HPでのみ、インターネットでの通販も行っています。

グルテンフリーのパンを探している方、普段とは違ったパンを食べてみたい方はお取り寄せしてみるのもおすすめです。

通信販売よりも実際の店舗の方が商品数が多いので、秩父に来た際には立ち寄ってみてくださいね。

お店情報カテゴリの最新記事