自宅で受験、取得できる!スイーツコンシェルジュ検定を紹介

自宅で受験、取得できる!スイーツコンシェルジュ検定を紹介

お菓子作りが好きな人なら
「もっとお菓子について詳しくなりたいな」
「お菓子教室をひらいてみたいな」
と一度は思ったことはありませんか?

そんな時に、自分のお菓子作りの技術や知識を証明できる「資格」があったらいいのにと思いますよね。

私も、お菓子作りを極めたい一人なので、現在は、ジェノワーズスペシャリストに挑戦中ですが、こういった資格にもとても興味があります!

今回は、自宅で受験でき、今後のお菓子に関する活動や仕事に生かせるスイーツコンシェルジュ検定の資格を紹介します。

スウィーツコンシェルジュ検定とは?

一般社団法人日本スイーツ協会が主催している「スイーツから広がる豊かな食文化を提案できるスペシャリスト」を認定する講座です。

一般社団法人日本スイーツ協会が主催する「スイーツコンシェルジュ検定」合格後、協会への入会により付与される資格の呼称です。スイーツから広がる豊かな食文化を提案することができるスイーツのスペシャリストです。
入会後はスイーツに関するさまざまなスキルアップセミナー・講座に参加いただけます。自身の知識を向上させるだけではなく、資格取得者が集うイベントなどでさまざまな方と交流できます。

一般社団法人日本スイーツ協会HPより引用

検定に合格すれば、「スイーツコンシェルジュ」と名乗れて、しかも合格者限定のイベントに参加できます。

自宅で一人でお菓子作りをしていると、誰とも交流や相談ができないので、仲間ができるのは嬉しいですよね。

ちなみに、日本スイーツ協会の理事はパティスリー「モンサンクレール」のオーナーシェフ辻口博啓氏。TVでもよく出演している有名な方ですね!

スウィーツコンシェルジュ検定で学べる内容は?

スイーツ全般に関わる知識を学びます。
「全般」というのは、具体的には以下のようなものです。

  • 材料の特徴、性質に関わる知識
  • 各国のスイーツの特徴、成り立ち(作り方)
  • 名前の由来、歴史
  • 実際生地の作り方 など

こうした知識が学べれば、日常的にお菓子作りをする時や、お菓子にかかわる仕事をするときにも役立てそうですよね。

スイーツコンシェルジュはどんな仕事に生かせる?

では、実際どんな仕事にいかせるのでしょう?

✔お菓子を作っている方(パティシエ、シェフなど)
✔お菓子メーカーの営業職
✔お菓子メーカーの商品開発者
✔製菓材料、製菓道具の販売員
✔新しいお店や商品を紹介するスイーツライター、評論家
✔お菓子教室、料理教室のインストラクター
✔将来、料理やお菓子で起業を考えている人 

上記のような場合などに、この資格は生かせると思います。お菓子業界で仕事をしている方はこの資格をスキルアップの一つとして取得する人が多いようです

もちろん、自分の知識や趣味を充実させるため、以下のような方も資格取得に向いていると思います。

✔趣味でお菓子作りが好きな方
✔スイーツの食べ歩きが好きな方
✔誰よりもお菓子について詳しくなりたい方
✔スイーツについてSNSやブログで発信したい方

資格を取得すると、「スイーツコンシェルジュ」と名乗ることができて、この肩書きがつくと、仕事や趣味でも信頼度や専門性がアップしますよね。

ただのお菓子好きな人、ではない「プロ感」がでていいですよね~。

スイーツコンシェルジュ検定のランクについて

「スイーツコンシェルジュ検定」はベーシック、アドバンス、マスターの3 段階に分かれており、まずは「ベーシック」を受験します。

「ベーシック」合格後でないと、次の「アドバンス」には進めません。

ベーシック

  スイーツコンシェルジュ検定<ベーシック>
概要 世界の銘菓とスイーツ文化、洋菓子の分類、生地やクリームといった洋菓子の基本構成要素、製菓用語など、スイーツをひもとき、より豊かなスイーツライフを楽しむための基礎的教養を学びます。
試験内容 全60問/30分
標準学習期間 1~2週間

ベーシックは基礎的なお菓子の知識が学べます。学習期間も1~2週間と短い期間の勉強で取得できそうです。

《受験料》
・初回受験(一般)・・・・15,000円(税込) ※テキスト代込み
・初回受験(学生)・・・・10,000円(税込) ※テキスト代込み
・再受験(一般・学生)・・5,000円(税込) ※試験のみ

ベーシックの合格者特典は以下の通りです。

《合格者特典》
・会員証・ピンバッジの発行
・会報誌の発行(不定期刊)
・会員向け各種セミナー・講座に参加
・スイーツコンシェルジュ限定の交流会に参加
・スイーツライターとしてメディアで執筆
・商品開発モニター/コンテスト審査員などへの参加
・公式サイトへの記事投稿  など

これだけでも、かなり活動の幅が広がりそうですよね!

合格は70点以上、つまり60問中43問以上正解すれば合格です。

ベーシックの合格率はなんと90%!きちんと勉強すれば早く合格できそうですね。

アドバンス

アドバンスはベーシックの合格者とスイーツ協会会員のみが受験でき、ベーシックの知識をもとに、さらに「代表的な洋菓子の構成」「和菓子の分類」「味覚」などについても理解を深めていきます。

  スイーツコンシェルジュ検定<アドバンス>
概要 ベーシック合格者のみ受験できます。
  アドバンスでは、ベーシックで学んだ知識をもとに、スイーツをより深く語るための知識や、仕事に活かせる知識を習得します。
試験内容 全100問/60分
標準学習期間 1~2カ月

《受験料》
・初回受験(一般)・・・・15,000円(税込) ※テキスト代込み
・初回受験(学生)・・・・10,000円(税込) ※テキスト代込み
・再受験(一般・学生)・・5,000円(税込) ※試験のみ

金額はベーシックと一緒で、合格者特典は以下のものとなります。追加費用などなく、合格すればもらえるそうです。

《合格者特典》
・合格証(賞状)
・会員証(シルバー)
・ピンバッジ(シルバー)

マスター

スイーツコンシェルジュマスターの資格はまだ準備中で試験日程も決まっていないようです。さらに上のランクを目指す方は挑戦するのもいいですね!

  スイーツコンシェルジュ検定<マスター>
概要 アドバンス合格者が受験できます。
マスターでは、スイーツのプロとして活躍することを目的とした専門知識の習得を目指します。パティスリーや製菓メーカーでの商品開発事例などプロに学ぶ「スイーツマーチャンダイジング」の他、売り手と買い手の双方向からのスイーツビジネスの要素を学びます。

資格のランクについては、こちらの内容を参考にしました。
日本スイーツ協会:http://www.sweets.or.jp/concierge/

スイーツスペシャリスト検定の勉強方法は?

勉強方法は、テキストで独学と講座を受講して学ぶ2つの方法があります。

独学で勉強

これは、検定を申し込みする時点でテキストが送られてくるので、それに基づいて自分で勉強する方法です。

出題は幅広い範囲から出されるようですが、テキストをまんべんなく読み込んでキーワードを暗記すれば比較的簡単に合格できるようです。

こちらのサイトに体験記が載っていましたので、よろしければご覧ください。

独学の勉強に向いている人
・自分でスケジュールを立てて勉強できるひと
・費用を最小限に抑えたい人
・わからないことは自分で調べられる人

通信講座

通信講座はユーキャンでの「スイーツコンシェルジュ講座」を受講します。

公式テキストに準拠したユーキャンオリジナルのメインテキスト2冊で検定ベーシック試験の対策ができます。

通信講座での勉強に向いている人
・確実に合格できるよう勉強したい人
・テキストの内容をさらに深めたい人
・実際のお菓子作りを添削して欲しい人

通信講座では、さらに嬉しい特典があります。

通信講座受講者特典
プロが監修したレシピ77個がついたレシピブックがついてくる
②基本生地の作り方を解説したDVD付き
③課題のお菓子の写真とレポートを先生が添削してくれる
④cottaで製菓材料、道具を優待価格で購入できる

製菓材料や道具は、そろえると結構お金がかかるので割引購入できるのは、嬉しいですね!

ユーキャン公式サイトより引用

講座では、こんなお菓子も学ぶようですよ。こんなにきれいに作れたらいいなぁと思いますね。

この機会にしっかり学たい方は、通信講座も内容が濃くておすすめです

ユーキャン公式サイト

まとめ

自宅で受験、取得できるお菓子作りに関する資格、「スイーツコンシェルジュ」を紹介しました。

私も資格を色々探しましたが、短期間で受講して合格できそう、かつ知名度がある資格では、スイーツコンシェルジュ検定が一番いいと思います。

合格してからも、自分で情報をアップデートすることは常に必要だと思いますが、自分の知識や技術に箔をつけたい人、肩書きを得て活躍したいと考えている人には、おすすめの資格だと思います。

この資格を取得したことが、自分の将来やりたいことへの足掛かりになったら素敵ですよね!

資格の取得を検討している方は、参考にしてみてくださいね。

お菓子作りカテゴリの最新記事